産後の抜け毛を放置するとそのまま薄毛が進行する場合があるのか?

出産経験がある女性は一度は悩んだことがある産後の抜け毛!これ男性には分からないと思いますが、本当に一気に抜け毛が増えてしまい「このままではやばい・・」と本気で思ってしまう場合があります。シャンプーのたびに指にたくさんの髪の毛が絡んだり、床に今までよりもたくさんの抜け毛があることに気付くとぞっとするんです!妊娠中に「産後には一時的に髪の毛がたくさん抜けるけれど心配いらない」と産院や母親学級で指導を受ける人も多いようで、知識はきちんとあるのに実際に自分の身に起こると慌てていまうのです。抜け毛毛が少なくなる前に髪がなくなるのでは・・なんて恐怖を感じる人もいるようですが、これもホルモンの仕業なんです!妊娠中はその妊娠を継続するため、すなわち流産や早産を防ぐホルモンがたくさん分泌され、そのホルモンは毛を濃くして抜けにくくする効果もあるので、妊娠中は毛深くなったり髪が多くなったと感じる人もいるはずです。そのホルモンが産後には一気に少なくなる今度は子宮を回復させ元の体に戻すためのホルモンが大量に分泌されるのです!ただでさえ体力がなく精神的にも肉体的にも疲れている体にこのホルモンの変化はとても過酷なんです・・そして、そのホルモンの変化の効果の一つとして髪が抜けやすくなり、バランスが整ってくると改善すると言うわけです。

一般的にはこの産後の抜け毛は心配いらないと言いながら、出来れば妊娠中から頭皮ケアをする方が良いなんて情報もありますよね?私も産後の抜け毛に半年以上悩まされ、あまりにもひどいので通販で育毛剤を購入してケアをしたところ改善したという過去があるので、やはり産後の抜け毛を早く何とかしたい人は頭皮ケアは大切なのだと思います!知人に産後の抜け毛がきっかけで今でも薄毛が改善しない人が何人かいます。年齢的なものも多量あると思いますが、大量に髪が抜けた原因は出産だったそうで何もしないとそのまま薄毛が進行するということはあり得ることのようです。また、3人年子で子供を産んだ人もホルモンのバランスが整う時期がなかったからか、薄毛が進行してしまい今ではウィッグを使わないと外出できないほど深刻です!医学的には産後の抜け毛は心配いらないと言うことになっているのかもしれませんが、現にそれをきっかけに薄毛になってしまった人はいるので、出来るだけ妊娠中からの頭皮ケアをしたほうが良いと思います。

産後は今までの生活とは全く違ったサイクルになり、自分の時間を自由に持つことができませんよね?1人で24時間赤ちゃんのお世話をしていると、どんなに可愛い我が子でも辛くなることが多々あります。それがストレスとなって産後の抜け毛を悪化させることも多く、そのままストレス性の円形脱毛症ができてしまったなんて人もいるので、適度に息抜きをして時には美味し物を食べる!上手くストレスを発散して体調や精神を整えることも早く産後の抜け毛を改善するためには大切なのかもしれませんね。

小雪も薄毛に悩んでる??急増する女性の薄毛について。

3人目の出産を終えてようやく、女優業にも力を入れ始めたモデルで女優の小雪さん。
映画の宣伝などで最近テレビでよく見かけるようになりましたよね。
相変わらず、透明感のある美しいお肌と艶々の黒髪。
美しい黒髪??
あの美しかった黒髪になにやら異変。。。です。
一目見て、何やらおかしい。と感じたのは私だけでしょうか。
小雪さん。。。生え際の髪の毛が薄いよ。

最近、小雪さんはオイルにハマっているということで、顔や手、髪の毛のお手入れにも
それぞれオイルを使ってケアしているそうです。
髪の毛にもオイルを使用していると、ご本人も言っており、
オイルで髪をケアしたのでしょう。
生え際もオイルでペッタンコ&ベッタリ状態になっていたのは事実でした。
ただ、それにしても、髪の間から見える頭皮が気になる、見えるぞ。
確実に生え際の髪の毛が薄いのには、目を疑いました。

小雪さんの生え際に一体何が起こっているのでしょう。
また、薄毛だとしたら原因はなんなの?
薄毛に悩む女性が増えていることに関係しているのか、調べてみました。

小雪さんは松山ケンイチさんと結婚後、3人の子供さんを設けています。
結婚4年で3人のお子さんを生んだ小雪さん。
そりゃ、薄毛にもなるか~。
若い女性で薄毛に悩む多くの方は産後です。
産後による女性の薄毛事情について。

薄毛の原因は主にホルモンバランスの乱れが関係していました。
特に産前産後は女性ホルモンが乱れる時期です。
というのも、妊娠をするとエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが増加します。
二つのホルモンの増加によって安全な出産ができると言われているんですね。
人間の体はよくできている物で、出産を終えると同時に、今まで過剰に出ていたホルモンの分泌量が急激に減少します。
産後、ホルモンの分泌量を急激に減らすことで正常に戻し、バランスを保とうとする働きなんです。

とはいえ、急激に二つのホルモンの分泌量が減ることこそが、
産後の抜け毛を増やし薄毛を進行させていく原因です。

また、赤ちゃんて夜泣きをしますよね。
夜泣きをするたびに授乳するのも母親の役目です。
夜泣きをするわが子に授乳をしたりあやしたり。
生活が昼夜逆転するし、寝不足にもなるし、これまで経験したことのないストレスを感じてしまいます。
可愛いわが子とはいえ、寝不足は辛すぎる。
産後の慣れない生活習慣によるストレスも産後の薄毛の進行に拍車をかけます。

さらに、眠れない、夜泣き。。こうしたストレスによって自律神経も乱れれば、代謝も悪化です。
薄毛にはストレスと生活習慣の乱れ、血行不良は大敵とされています。
子育てとは、やはり身を削って子供に愛情を注ぐものなんだと、
髪の毛の薄毛を見て実感することでしょう。
ただ、こういう生活も2、3か月のもんですよ。

ここからが、さらなる産後の薄毛の一番の原因です。
大抵の女性は妊娠中に太ります。
私の場合も10キロ以上太りました。
子供を産んだとしても-5キロ程度がせいぜい。
にもかかわらず、妊娠中に10キロ程度太るのは当たり前。
たとえ、赤ちゃんを産んで、胎盤や羊水をお腹から出したとしてもまだ5㎏の体重が残ってしまいます。
5kの増加は見た目にも、かなりヤバいと感じたのを覚えています。
そして、ここから産後ダイエットの始まりでした。

皆さんの中にも、お洒落なお母さんになりたいと、
産後、急激なダイエットを始める人も少なくないことでしょう。
過度の産後ダイエットは薄毛を急激に進行させます。
おそらく、小雪さんの場合も、産後ダイエットが生え際の薄毛の原因ではないでしょうか。
3人も子供を産んだ後の仕事復帰です。
結婚前のモデルスタイルに戻すのはかなり努力が必要だったことでしょうね。
食べないダイエットは、お洒落なお母さんに慣れるどころか、薄毛&お肌カラっからの
お婆さんになるだけです。
野菜中心、大豆製品中心の食生活&ヘルシーかつ運動を取り入れたダイエット心がけましょう。

女性の薄毛もとても厄介です。
なんなら、男性よりも厄介なのかもしれません。
赤ちゃんの栄養のためにも、特に授乳中は栄養素をしっかり取った食事を心がけましょうね。